2015年04月08日

ビジネスホン主装置とケーブルの結線

ビジネスホンの主装置とケーブルの結線方法(コネクターの種類)
(ボタン電話 交換機)


クイックコネクター
(クイックソケット、MDFコネクタ、とも言う?)

スクリーンショット 2015-04-08 12.47.38.png

ビジネスホンのユニット等の局線側の接続時に使用される。
2芯、4芯タイプあり
線を穴に入れてペンチなどで、軽く押し込むだで結線可能

※参考資料
メーカサイト

http://www.kagainc.co.jp/communication/product/index.php?type=6

線径ごとのリード線の処理方法
0.4~0.5mm そのままコネクタに挿入する
0.65mm 被覆をむいて、芯線が端子に当たる ようにリード線を配置する
0.32、0.9mm 使用できません




チャンプコネクター

スクリーンショット 2015-04-08 12.50.21.png

単線、撚り線、リボン ケー ブルなどをあらかじめ被 覆むきすることなく結線 できます。迅速簡単な大 量結線が可能となり、作業 の省力化を実現。

専用工具で結線する。

※参考資料
メーカサイト

http://www.te.com/catalog/connectors/discrete-wire-idc/champ/menu/ja/17768


posted by いーの はらしよ〜 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

電話線の色順ルール

ビル構内およびPBX等の電話配線に使われる構内ケーブル、CCPケーブルの色順

2Pケーブル
電話ケーブルの基本となる色順は青白茶黒。青白で1P、茶黒で1Pになる。
1.白 2.


10Pケーブル
2Pが5セットで10Pになりなすので、10Pケーブルはこの色順になる。
「色」+白茶黒の「色」の部分の色順は、青黄緑赤紫となる、

1.白 2.
3.白 4.
5.白 6.
7.白 8.
9.白 10.



200Pケーブル
色順が1セットと考えると、20Pは2セットとなり30Pは3セットとなります。数が多くなってもこの色順はほぼ全て同じで、各10P単位の見分け方はリボンテープ(薄いビニール)で見分る。
1.テープ 1P〜10P
2.テープ 11P〜20P
3.テープ 21P〜30P
4.テープ 31P〜40P
5.テープ 41P〜50P
6.白テープ 51P〜60P
7.白テープ 61P〜70P
8.白テープ 71P〜80P
9.白テープ 81P〜90P
10.白テープ 91P〜100P
11.テープ 101P〜110P
12.テープ 111P〜120P
13.テープ 121P〜130P
14.テープ 131P〜140P
15.テープ 141P〜150P
16.黒テープ 151P〜160P
17.黒テープ 161P〜170P
18.黒テープ 171P〜180P
19.黒テープ 181P〜190P
20.黒テープ 191P〜200P


posted by いーの はらしよ〜 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

VoIPアダプターメモ

VoIPアダプタ(Voice over Internet Protocol Adaptor )

VoIP技術(ボイス オーバー インターネット プロトコル)を使ってインターネット網を利用して、インターネット電話を可能にするアダプター。
ADSLやひかり回線などを利用してIP電話を利用するのに使用。


事業所向けひかり電話対応アダプター

接続例
(ONU)ーUTPー(ひかり電話アダプタ)ーアナログ/ISDNー(主装置/電話機)
※インターネット利用はひかり電話アダプタの後ろに接続

OGシリーズ
ルータ機能を持つ

VGシリーズ
ルータ機能を持たない

型番の末尾のXaがアナログ系
末尾のXiがISDN系(S/T点)
となっている。

XiのS/T点の接続は
機器を縦置きにして、上から TA TB RA RB
ピン番号では
1番ピン : TA
2番ピン : TB
3番ピン : RA
4番ピン : RB

管理者ログイン方法
OGシリーズ
http://192.168.1.1/
ユーザ名:admin
パスワード:akisky

VGシリーズ
http://192.168.1.1/admin
ユーザ名:空欄
パスワード:akisky


NTTホームページ
http://flets-w.com/solution/kiki_info/product/network/

posted by いーの はらしよ〜 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

電話線を繋ぐ

●CCPコネクタ
CCP.png
・通信用ケーブルをペンチで圧着するだけで接続や分岐を行うことができる。
・被覆を剥ぎ取る必要が無い
・0.5mmや0.9mmなど、異なる経の心線も接続できる。
型番例 CPP-UY



●クリップ式端子盤
クリップ式端子板.png
・中継、分岐用に使用
・接続にはクリップ工具(C-40等)を使用して、被覆を向かずに手動で接続。
・クリップ工具には、表裏で刃がある側と無い側があり、刃がない側でマルチ接続が可能
型番例 2C-205TN


posted by いーの はらしよ〜 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

ジャンパー コネクタ

BIX端子盤(ビックス端子板)

メーカー:BELDEN
BIX.png

小規模から大規模まで、拡張性に優れた統合配線システム。音声だけでなく、データ回線にも対応しており、省スペース・低コストを実現したコネクタ。耐久性にも優れている。

接続工具 QTBIX16A
パンチダウン ツール ワイヤー ケーブル の 接続作業 工具



・信頼性
接触抵抗 2mΩ以下 (0.65mm芯線を199回挿抜後、0.4mm芯線を接続して測定)
絶縁抵抗 10,000MΩ以上 / 絶縁耐圧:DC1500V 1分間 / 伝送速度:CAT6規格準拠
・安全性
BIXコネクタはミニチュアクイッククリップ端子が埋込まれておりますので、人為的回線障害を防ぎます。ケーブルは結束バンドでコネクタに固定され、ジャンパーワイヤーはコネクタのプラスチック部でホールドしているため、引張りに対して安全性を持っています。
・耐久性
異なる太さの芯線の挿抜が200回以上可能、耐用年数は20年以上も可能です。
・作業性
ハンダ付け・ラッピングのような熟練作業は無く、手動工具1つで作業できます。作業時間は従来型の20〜30%ほど短縮も可能です。
・拡張性
BIXコネクタは将来増設があった場合、既設に影響なく自由に拡張可能です。
・省スペース
取付けスペースが従来の1/2から1/3ほどになります。
・経済性
省スペースによる作業性の向上によりトータルコストは従来型より安くなります。






KRONE LSA-PLUS 端子板(クローネ端子板)

KRONE.png
クイック・クリップ方式の端子板でスピーディーな作業性と高い信頼性を実現。MDF/IDFなどの通信ネットワークシステムやLAN回線など幅広く利用することができる。

6417 2 055-01 共用工具(S) 0.4〜0.9対応
パンチダウンツール KRONE クローネ(白)



製品の特長
・45°でケーブル芯線を受ける端子構造
・端子バスのねじり力及び復元力利用の確実な接続
・ガスタイト方式の密封された接続部
・接続端子部に工具等が直接触れない構造
・簡単な工具で接続が可能




110システム端子盤
移動にともなう配線の変更や増設も、110パネル内のジャン パー線やパッチコードを差し替えるだけ。
簡単かつ柔軟な配線管理、省スペース、信頼性アップを実現し た110システム。

VSコンパクト端子板
8対モジュールで幅86mm、10対モジュールで幅100mm。 小型で高密度実装を可能。端子自体にナイフ機能を内蔵し、付属のミニ工具で施工できる。
ジャンパ線は二重付け可能で、無瞬断で切り換えができる。 アレスターマガジンは前面からプラグインでき、取付けが容易。

VSスタンダード端子板
8対モジュールで幅103mm、10対モジュールで幅124mm。 ジャンパ側は1対4端子で、異径のマルチ掛けが可能。アレスタ ーマガジンはモジュールに内蔵。
直付接続モジュール・直付切分モジュールは二重付けの利点を活かし、端子箱取付けに最適。

QDF端子板
デジタルPBX、データ通信(カテゴリー5適合)等のあらゆる 配線システムに最適なパンチダウン式の端子。
ラベル:電気 ジャンパー
posted by いーの はらしよ〜 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

PVCジャンパ線

BIX端子やKRONE端子などの端子相互間の配線にする電線 線径は0.5mm、神仙数は1〜6

色の種類で呼び名がある

“2芯”
白 カロ  (アナログ)
白 キロ
白 オロ  (専用線)
白 ダロ
 ダミ  (ADSL)
 ・・・など

“4芯”
白黒 カロクミ
 オロキネ (共通線)
 ・・・など

端子の若番やL1、マイナスになる方に白色、端子の老番やL2、プラスになる方に色線を持ってくる場合が多いが、使う色や付け線順はかならず確認する
posted by いーの はらしよ〜 at 00:00| Comment(0) | 電話工事メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。