2015年05月11日

ISDNとは

ISDNとは

従来、電話、FAX、データ、画像などの伝送路は専用の網が個別に対応していたが、これらの情報をすべてデジタル信号として扱う事により、統合して1つの通信網で利用できるようにしたサービス総合デジタル網である。

特徴

@各種サービスの共用が可能
A回線交換とパケット交換の選択が可能
B複数の端末の接続が可能
C端末の移動性を確保
D高速多重サービスの提供


posted by いーの はらしよ〜 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

ISDN 接続形態

宅内設備と網側設備との接続形態をモデル化、機能群参照点の2つの概念で定義。

参照点
T点S点R点の3つがある。
ISDNのインタフェースが規定されているのはT点とS点。
R点はISDN以外のインタフェースが適用される。
参照点.jpg

機能群
機能群は各参照点において、接続される通信機器の持つべき機能を明確に組み合わせたもの。

NT1
網側の終端点に位置し、OSI参照モデルにおけるレイヤ1に関する機能を実現
(装置例:DSU)

NT2
端末とNT1の間に位置し、交換や集線などのレイヤ2〜3に関する機能を実現
(装置例:PABX、LAN端末制御装置)

TE1
ISDNインタフェースを具備したISDN端末の機能
(装置例:デジタル電話機、データ端末装置、G4ファクシミリ)

TE2
非ISDN端末の機能、Vシリーズ、Xインタフェース等を具備
(装置例:アナログ電話機、既在のデータ端末装置)

TA
非ISDN端末のTE2をISDNインタフェースに接続するためのインタフェース変換機能
(装置例:ターミナルアダプタ(TA))


.
posted by いーの はらしよ〜 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

ISDNチャネルタイプ

ISDNは、物理的なインタフェースの中に仮想的な通信チャネルの組み合わせをもっている。

ISDNで使用するチャネルタイプは情報の種類や速度に応じで以下の種類がある。

チャネルタイプ.png

.
posted by いーの はらしよ〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

ISDNインタフェースの種類とチャネル構造

基本インタフェース(BRI)
一般家庭向けのISDNサービス(INSネット64)では独立したBチャネルが2本と制御用Dチャネルが1本の2B+Dの構成で最大144kbit/sの情報伝達が可能
BRI.jpg

一次群速度インタフェース(PRI)
1つの物理インタフェース上では、23B+D
Dチャネルを別の物理インタフェース上に確保する場合は24B/D
の2種類のチャネル構成がとれ、最大1,535kbit/sの情報伝達が可能である。
また、H0チャネルを混在させたりH11チャネルとして使用することもできる。

PRIの構成例
PRI.jpg



(企業向けのサービス(INSネット1500>)ではBチャネル23本とDチャネル1本がまとまって1本の物理回線を構成している。)

INSネット64INSネット1500> : NTTのサービス




チャネル構成図
チャネル構成.jpg

posted by いーの はらしよ〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

ISDNサービスの分類

ISDNで規定されているサービスアクセス点で提供されているサービスには2種類ある。

●ベアラサービス
ユーザ網インタフェースのS/T点相互間でレイヤ1〜3まで低位レイヤのみで提供するサービス。

●テレサービス
レイヤ4位上の高位レイヤを含めレイヤ1〜7までの機能を規定するサービス

ベアラサービステレサービス.jpg


.
posted by いーの はらしよ〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

デジタル回線終端装置

デジタル回線終端装置DSU:Digital Service Unit
ISDNユーザ・網インタフェースにおけるDSUは、OSI参照モデルのレイヤ1(フィジカル層)にほぼ等しい機能を持つ。

・加入者線インタフェース部
物理的に網を終端するための回線終端回路、
線路特性によるひずみ線路損失を補償するための等価機能、
ブリッジタップによるエコーを補償するための等価機能をもつ伝送路終端回路などで構成

・端末インタフェース部
バス接続された各端末と通信するための送受信回路
AMI符号をNRZ符号に変換するドライバ(下り)と
NRZ符号をAMI符号に変換するレシーバ(上り)から成る。

AMI符号NRZ符号.jpg

.
ラベル:勉強 工事担任者
posted by いーの はらしよ〜 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強メモ_ISDN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。