2015年06月19日

電線の太さと許容電流

●許容電流

屋内配線工事で使用する電線は、以下の許容電流が定められている。

単線 1.2mm 19A
単線 1.6mm 27A
単線 2.0mm 35A
単線 2.6mm 48A
単線 3.2mm 62A
単線 4.0mm 81A
単線 5.0mm 107A

より線 2mm^2 27A
より線 3.5mm^2 37A
より線 5.5mm^2 49A
より線 8mm^2 61A

※周囲温度30℃の場合

より線は、小数点以下の0を書かない



●電流減少係数

電線管に電線を収める場合は、放熱がしにくくなるので、電流減少係数だけ小さくなる。
ビニル外装ケーブルなどのケーブルも電線管と同じ電流減少係数を使用する。

      電流の許容電流 × 電流減少係数 〔A〕

管内の本数:電流減少係数
1〜3本 : 0.70
4本   : 0.63
5本6本 : 0.56
7〜15本 : 0.49

(0.07ずつ減っていく)





ラベル:電気工事士
posted by いーの はらしよ〜 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格メモ_電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

接地工事

●A種設置工事
接地抵抗
10Ω以下

接地線
直径2.6mm以上の軟銅線

主な敷設場所
・高圧機器の金属製外箱
・避雷器の設置工事
・変圧器によって特別高電圧路に施設する放電装置



●B種設置工事
接地抵抗
150/(変圧器の高圧側の1線地絡電流)I〔Ω〕 以下

接地線
直径4mm以上の軟銅線
高圧電路と低圧電路とを変圧器により結合する場合は、直径2.6mm以上の軟銅線

主な敷設場所
高圧電路又は特別高電圧電路と低圧電路を結合する変圧器の低圧側の中性点


●C種接地工事
接地抵抗
10Ω以下
低圧電路において、当該電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を敷設するときには500Ω以下

接地線
直径1.6mm以上の軟銅線

主な敷設場所
300V超過の低圧用機器


●D種接地工事
接地抵抗
100Ω以下
低圧電路において、当該電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を敷設するときには500Ω以下

接地線
直径1.6mm以上の軟銅線

主な敷設場所
・300V以下の低圧用機器
・計器用変圧器の二次側電路
・高圧ケーブルのちょう架用線


●機械器具の金属製の台及び外箱の接地の省略
電路に施設する機械器具の金属製の台及び外箱(外箱のない変圧器又は計器用変成器にあっては、鉄心)には、使用電圧の区分に応じて規定する接地工事を施すこと。
→省略できる場合

@使用電圧が直流300Vまたは交流対地電圧150V以下の接地器具を乾燥させた場所に設置する場合

A低圧用の機械器具を乾燥させた木製の床その他これらに類する絶縁性の物の上で取扱いように施設する場合

B低圧用もしくは高圧用の機械器具を人が触れる恐れのないように木柱その他これらに類するものに施設する場合

C鉄台または外箱の周囲に適当な絶縁台を設ける場合

Dゴム、合成樹脂、その他の絶縁物で被覆した外箱のない計器用変成器

E電機用品安全法の適用を受ける二重絶縁構造の機械器具を敷設する場合

F低圧用の機械器具に電気を供給する電路の電源側に絶縁変圧器を施設し、かつ、当該絶縁変圧器の負荷側の電路を接地しない場合

G水気のある場合以外の接地場所に施設する低圧用の機械器具に電気を供給する電路に電気用品安全法の適用を受ける漏電遮断器(定格感度電流が15mA以下、動作時間が0.1秒以下の電流動作型のものに限る)を施設する場合



参考
電気設備の技術基準の解釈
第19条
第20条
第29条


posted by いーの はらしよ〜 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格メモ_電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

低圧屋内配線の施設場所

低圧屋内配線の施設場所
スクリーンショット 2015-09-23 10.50.02.png
電気設備の技術基準の解釈より



これらのものをまとめると

●ケーブル工事
すべての場所
危険物のある場所では防護装置に収める

●金属管工事
すべての場所
木造の屋側電線路は除く

●合成樹脂管工事
すべての場所
爆燃性粉じん、可燃性ガスのある場所を除く

●ダクト、線ぴ、ライティングダクト
点検できる場所(展開した場所)
乾燥した場所



ラベル:電気工事
posted by いーの はらしよ〜 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格メモ_電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高圧受電設備 開閉器

第一種電気工事士筆記試験出題範囲
高圧受電設備 開閉器まとめ

断路器
DS
:disconnect switch
点検や修理などを行うときに、電路の開閉用に使う
電流の流れていない、無負荷の状態でのみ、手動で開閉を行う
スクリーンショット 2015-09-23 15.13.30.png


高圧交流遮断機
CB
:Circuit Breaker
通常状態の負荷電流を開閉するとともに、保護継電器と組み合わせ、短絡事故電流などを遮断することにより負荷側の設備を保護し、事故波及を防止する開閉器。
スクリーンショット 2015-09-23 15.13.52.png


高圧限流ヒューズ付高圧交流負荷開閉器
LBS
:Load Break Switch
通常の負荷電流の開閉を行う負荷開閉器 と
短絡電流の遮断を行う限流ヒューズ を組み合わせたもの
・300kVA以下のキュービクル式受電設備のPF・S型の主遮断装置や変圧器、進相コンデンサの一次側開閉装置
スクリーンショット 2015-09-23 15.14.01.png


高圧カットアウト
PC
:Primary Cutout
高圧電路あるいは変圧器の一次側に取り付けて、回路の開閉、ヒューズを装着して過電流保護装置つぉて用いる。
・変圧器容量300kkVAいかの変圧器の一次側の開閉装置に使用
・コンデンサ容量50kvar以下の進相コンデンサの回線装置に使用
スクリーンショット 2015-09-23 15.14.10.png




posted by いーの はらしよ〜 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格メモ_電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

電力、電力量、エネルギ


電力、電力量、エネルギー
0E60AB9D-B0A0-436B-9414-4ED5B7D15B04.jpg


電気工事士、電力の基本数式まとめ

posted by いーの はらしよ〜 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格メモ_電気工事士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。