2017年12月29日

仮想通貨とは 概要

仮想通貨とは、国や銀行が発行する通貨とは異なり、自由に発行できるもので、不特定多数の人々がインターネットを介して通貨と同じように取引に利用できる仕組み。

仮想通貨の代表としてはビットコイン(Bitcoin)がある。


日本の通貨(日本円)は、日本銀行が発行する日本銀行券で、日本という国の信用によって成り立っている。
クレジットカードや電子マネーでは、その日本円を便利に使えるように企業の信用によって取引に利用できる。

一方、仮想通貨は、国は企業といた信用のある組織による管理は無く、
ブロックチェーンという仕組みで信用を保ちっている。

ブロックチェーンとは分散型帳簿とも言われ、
通常の銀行などのシステムでは中央の強力なサーバーによって管理しているが、
ブロックチェーンでは、たくさんの場所に同じ情報をを保管し、参加している複数の端末で管理することによって相互監視し不正が起きないようにしている。



posted by いーの はらしよ〜 at 19:14| Comment(0) | 勉強メモ_仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

仮想通貨の種類

仮想通貨にも様々な種類がある。

大きく分けて、ビットコインとその他のアルトコインにわけられる。
アルトコインも次々と種類が増えていっている。


●ビットコイン(BTC)
ブロックチェーン技術を利用した世界初の仮想通貨
発端は、とある論文からで、発表者は中本哲史(ナカモト サトシ)という匿名を使用。

●イーサリアム(ETH)
取引データ以外にも、規約をブロックチェーンに埋め込める特徴がある。(スマートコントラクト)
イーサリアムはビットコインよりも柔軟に設計されている為により幅の広いアプリケーションを作成することが可能
柔軟で拡張性がある分、ハッキング等の攻撃に弱いとされる

●リスク(LISK)
イーサリアムと同じスマートコントラクト技術を使用。
取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーンに書き込まれる。
イーサリアムと違うのはサイドチェーンと呼ばれるモノ。
アプリケーション上にもうひつとのブロックチェーンが用意してあり、問題が発生してした時に、開発者がコントロール出来るのが利点。

●ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインから2017年8月に分裂。ブロックサイズの上限を拡張、処理速度の向上

●ライトコイン(LTC)
アルトコインの先駆け、送金にかかる時間をビットコインの1/4に短縮

●リップル(XRP)
アルトコインの一種、現時点でアルトコインの中で一番時価総額が高い
国際送金システムに応用されるために研究中。Googleが出資している。
ビットコインの場合は、0から徐々に2,100万枚に近づいていくのに比べて、
リップルの場合は、既に1,000億枚が存在、リップルプロトコルで法定通貨を送付するときにリップルを消費する。(徐々に減っていく)

●ダッシュ(DASH)
匿名性が高い。「ダークセンド」という送金機能で送金元などの匿名化が可能

●ネム(XEM)
富の再分配を重視し、ネムのやり取りが活発な人に報酬を分配

●モネロ(XMR)
匿名性を強化したアルトコイン。ダッシュが取引情報をミックスするのに対して、モネロは分裂によって匿名化

●アイオータ(MIOTA)
IoTに最適化されたアルトコインの触れ込み。送金手数料を完全無料化。
Tangleという独自の新技術を使った仕組み
マイクロソフト、FUJITSUなど大手企業との提携を発表
posted by いーの はらしよ〜 at 17:00| Comment(0) | 勉強メモ_仮想通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。